8年前から始めたクライミングについてツラツラと・・。自分のムーヴ帳でもあるので、onsightな人は見ないでね。


by rtakaan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10月1日 国体初日(少年男子&女子、成年女子予選)

7時に会場集合。
選手のオブザベまで時間があるので少年男子の予選ルートでビレイヤーコンペ。
最上部で一回転ムーヴが出てくる手の込んだルート(飯山健治氏設定)。
俺はやっぱり持久力なく、傾斜がキツくなっている半分くらいで落ちた。
腕がパンパン…もたね~や~。
やはりゆらさん、辻さんは強い。大分上部まで。
優勝はゆらさんやったかな?
セッターも入れるとげんちゃんが流石に強く、何便目かで回転するところまで行ってた。

9時頃、少年男子と女子のオブザベ。
セッターとビレイヤーが前に並んで対面。
みんな小さいなぁ~細いし。
少年男子最強の安間佐千も細~い!!
やっぱり軽い奴が強いのだ。

オブザベ…安間君の様子を伺っていると、一回転ムーヴをきっちり見切っている。
流石…。
どこに足置いてとか全部見切っている。

さてさてコンペ開始。
ドキドキ。
とにかく注意点は…
1.グランドフォールさせないこと。
2.クリップの邪魔をしないこと。
3.ビレイしやすい位置取りをすること。
4.上部に行けばロープは緩々にする。(特に少年男子予選)
くらいか。

始めは手探りで…徐々に慣れてくる。
東京の少年女子には「大分流された。」とクレーム受けたけど…。f(^^;)
あんさんボルト足下に終了点に向かってランジするからや!!

少年男子の途中、徳島、栃木、兵庫のところで天皇皇后両陛下がこられていた。
がっちり護られて…。
手を振るのはやはり手馴れていた。
しかし小さいな…。

栃木は安間佐千、やはり完登。
オブザベの時に言うてた「その時に観客側を向いて…」もきっちりこなしたのだろう。

栃木に続く兵庫の常深、堂本の2人はよく頑張った。
俺の到達高度からさらに3,4手は進めた!
予選突破確実!!

成年女子はクレームが一番来そうなところなので、ちょっと気合を入れる。
少年女子は「どの子がかわいかった。」とかあんまなかったけど、成年女子はやはりかわいい子がいるなぁ~。
N兄さんは千葉のSさん一筋。
きっちりビレイにありつく…「こんなこともないと仕事休んでやっとれん。」
納得。
俺は…北海道の高橋さんがかわいかったなぁ~。
○でさんは話しかけられてるのに無視してるし…ひどい…うらやましい…。
O師匠は北海道のHさん、いや、奈良のAさんか…結構意見が分かれるなぁ~…。
でも一番人気は新潟のKさん。やったと思う。
ってこんな会話ばっかり後ろでしてたんかい!!!
ですが、その通りでした…。
そんなことでも話してないとやってられません…首痛いし…。

そんなこんなで終了。
事故もなく無事終了。

最後は後ろのアップ用壁でボルダーして遊んでホテルに帰る。
[PR]
by rtakaan | 2006-10-01 22:00 | クライミング