8年前から始めたクライミングについてツラツラと・・。自分のムーヴ帳でもあるので、onsightな人は見ないでね。


by rtakaan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

10月29日 鳴滝

b0055805_22455941.jpg
今日は四国方面へ。
朝8:00淡路S.A.で待ち合わせ。
今日は尾崎師匠、伸さん、松村さん、○でさん、オカカマン、つっき~ねえやん、みっくん、俺の合計8名。
行き先を検討した結果、鳴滝に決定!

鳴滝に向かう途中は雨が降ってきたり、大丈夫?だったが、川の水量が少ないし、岩も濡れていないしで、なかなかのコンディション。
曇ってるし。
まずアップ他で鳴滝の看板課題、”蚊(3級)”へ。
好調尾崎師匠、早速取り付き一撃、調子の良さを見せ付ける。
「尾崎先生、今日も調子がいいじゃないですか~!」と○でさん。
俺もちょっと焦りながらも完登…やっぱり自然の岩は神経遣うわぁ~。
みな続々完登。
b0055805_22462198.jpg続いて”しまじろう(1級)”に皆さんトライ。(上の写真)
俺は以前登ってるし、疲れるのでやらない。。
伸さん、○でさんと登るところをみて、オカカマンが取り付いている”バットマン(初段)”の様子を見に行く。
オカカマンと徳島クライマー、あんざいさんがいい感じ。
俺が行って間なしでオカカマン完登。やりおる。
直後にあんざいさんも完登。さすが…。
俺も登り始めたので、俺ときっしゃんさんのセッションに。
オカカマンは勝手に中腰スタートを考え、それにトライを始める。
「2段ある!!登れる!!」とのこと。(2枚目写真)

b0055805_2246381.jpgそれからはオカカマン、あんざいさんはそのラインに怒涛のトライ。
その課題は…
両手ガバ→右足ヒールをガバのちょっと上にかけ→左手をカンテ?ピンチ→ヒールをガバに持ってきて→左手を遠い遠いガバ(”バットマン”左足ヒールホールド)へ→右手を”バットマン”右手ホールドにやり→左手を”バットマン”左手ホールドへ…→で”バットマン”に合流…。
ってな感じ。
右の写真は左手の遠いガバを掴んだあんざい氏。
結構おもしろい…みたい。確かに見てたらムーヴが面白そうや…。

b0055805_22465945.jpgオカカマンとあんざいさんはともに高度を上げて行き…リップまで到達するも力尽きる。
(俺が見てた時は2人とも登れなかったけど、その後あんざいさん登ったかな?)
俺も普通の”バットマン”、リップを普通に掴める様になって、飯を食いながらプチ怒涛のトライを繰り返すもムーヴ忘れたり、マントル返しかけて弾かれたり…だったが、”しまじろう”トライの方々が来られた時に何とか完登することができた。
最後は必死やった~粒持ってたし…。しかし初段1本ゲットうれし~!!
”しまじろう”組のトライはこっちからも良く見えたが…尾崎師匠も松村さんもダメだった見たい。
(左の写真は何も登れないとスネる尾崎師匠。)
つっき~ねえやんが”蚊”を登れたみたいで「あんな被り登れると思ってなかったらうれし~!」と喜んでいた。
で、話を戻してバットマンのムーヴだが…
左手ガバ、右手カチで右足をガバ足、左足ガバにヒールフック→左手を丸っこいホールドピンチ(人差し指が良く掛かる)→右足をガバに移動→左足切る→右手リップのカチ→左足を凹核のガサガサした足にやり→振りで左手をリップスローパー→足ブラ→キャンパスで右手をちょっと上の丸っこいホールドに→左足をカチに乗せ、左手をちょっと上のホールド→右足ヒールフック→乗り込んで…(ここで左手が抜けた時は死ぬかと思った…足から降りれたけど…)→右手をカチにで後は左手でマントル返すのみ…何とでもなる。
オカカマンはリップに出るまでのムーヴが少し違い、左手で丸っこいピンチホールドのちょっと左にあるカチを持って→左足きって→右足ガバに乗せて(左足もつかって挟み込む形になっていたかな?)→右手を丸っこいピンチに持ってきて(上だけをカチで使っていた)→右手をリップに…ってな感じだった。

b0055805_22473044.jpg”しまじろう”から移動してきた○でさんもそれから”バットマン”に怒涛のトライ。
オカカマン、「○でさん向きですよ~!!絶対!!早く登って一緒にsitスタートやりましょう!!」
○でさん、ちょっとずつ高度を上げ…リップへ。めっちゃ左手のピンチ持ててる!さすが…。
しかし、リップの右手から左手を出す所まで。
(右の写真は左手丸っこいピンチを取った○でさん。じゃなくて、オカカマンの使うカチを試す○でさん。)
俺は後で”サムライスピリッツ(初段)”をやりたかったので体力温存系…オカカマンの課題も適当に触りつつ、あんざいさんが登ったと言う右に抜けるラインも触りつつ…みんなのトライを観戦。
オカカマンも○でさんも疲れてきたので、下流に移動することに。
あんざいさん、きっしゃんさんに別れを告げ、下流へ。

b0055805_22475678.jpg下流では”カチヒロシ(1級)”に皆さんトライ中。
さすがフェース得意のつっき~ねえやん、中では一番良い感じだった。
大ちゃんの初段や”コンパ”とか課題を一通り眺める。
そこへちょっと遅れてやってきたオカカマン、「途中にめっちゃ大きいスズメバチの巣があります!!」とのこと。どこや~!?
オカカマン、登れそうなラインを物色しながら降りてきてたみたいやけど、”僕んち”を過ぎてすぐの岩に「被りがある!」と思って近づいたところ、目の前に巣があったらしい。
間近でみたからか「蜂もかなり大きいです~!」とのこと。
皆で見に行く。(左の写真)
確かに結構大きい。。あまり刺激しないように登ることにする。

b0055805_22481887.jpgそれからは”サムライスピリッツ”に俺とオカカマン、○でさんでトライ。(右の写真はトライ中の○でさん)
蜂の巣がめっちゃ見えてるけど、今日は川の水位が低いのと、砂地がちょっと上がってるのとで、サムスピにトライするには絶好のチャンス!!
スズメバチの偵察部隊が時々上空を飛んでいくけど、多分大丈夫。
他の方々は”僕んち”に行ったので、蜂の巣を挟み込んでしまったけど…そない刺激にはならんでしょう~。(涼しくなってきてたからか、巣はあまり活動的でなかった気がする…。)
ライン、ムーヴ共に良く分からなかったけど、正面をつかなあかんやろうと言うことで、そこにこだわる。
右に左にヒールを掛けまわり、あらゆるカチホールドを触りまくり…でムーヴを探るもなかなか登り方が分からない。
下手に左手を左に持って行き過ぎると右に上がれなくなるし、右足ヒールで左足がルーフ下から出てこんし…難しい。
最終的にはこれをカチるんやろうホールドは初めから分かっていたが、その手前に良く掛かるホールドを○でさん発見!!何で気づかんかったんやろ?ってくらい掛かるホールドやけど。
それを持ったら…分かった!!
で、怒涛のトライ開始。登れそう!!
ムーヴは非常に単純明快、正解かは不明やけど。
右手左手持って、右足ヒールフック→右手を良く掛かるホールドへ→体を引き上げ→奥の最終カチホールドへ。一番持てるところを持って→右足をトゥに変えながら左足を曲げて無理やりルーフから抜き…ってな感じ。
俺が出来そうになったら、○でさんも俺とは少し違う右足ヒールの方法で登れそうになってくる。
(俺の右足ヒールは完全な欠き込みやけど、○でさんはちょっと遠い所に引っ掛けてる感じ。)
で…
俺が一抜け!!やった~!!本日初段2本目!!
一抜け久しぶりや~!?
これで2人にスイッチが入る!!
さっきまで全然あかんかったオカカマンが急に高度を上げ、あっさりかぃ!って所まで行くも弾かれる。
でその直後、○でさん完登!!
「久しぶりの初段や~うれし~!!」優越感に浸る。
オカカマン一人居残り!!
オカカマン、「登らんと帰れません。。。」
それから怒涛のトライを繰り返すも高度が上がらない。
あたりは暗くなってきた。もう17時前やし。
オカカマンの背中が重い。
しかし流石はオカカマン、何か物凄い思い荷物を背負いながらも何とかズリズリ這い上がった!
あまりのしんどさに最後は喜びの声もでず…。
俺と○でさん、笑いすぎました…。
「短い時間やったけど、優越感を楽しませてもろたわぁ~。」

帰りはスズメバチの巣を避けながら、”僕んち”をトライ組と合流。
みっくん、川にはまって服がビショビショになったので、お父さんの服を着せてもらっていた。
で、暗い中駐車場まで。
小さいみっくんには厳しかったかな?

帰りは美馬インター近くのラーメン屋、優香へ。
なかなか素直な味でおいしかった。
鳴滝帰りに使えるなぁ。まぁ次は別のとこ行くんやろけど。。

帰りの高速は尾崎さん飛ばしまくりでなかなか怖かった~!
○でさん運転の車より大分遅れをとった感じやったので、「早い車に付いていこう」企画を急遽企画決定。(尾崎さん企画立案決定)
まず出てきました、白のセル塩。
コンスタントに○40~○50km。しかしこいつが怪しい。時々普通のスピードになる。
尾崎さんあくまで着いていく。
「後ろについていることがバレないように。」を基本に。
淡路島の洲本も過ぎ、しばらく行った所で後ろからまたまた来ました!!
今度はパジェロ。こいつはコンスタントに○60km。
セル塩、初めは付いていくも諦めた感じ。尾崎さん、ほんの少し悩んだが、パジェロに乗換。
「頭おかしんちゃうか?」といわれつつ付いていく。
このスピードはやばい。。。
淡路インターで清算、一人5400円也。
オカカマン、伸さんと家まで送って、俺も家まで送ってもらって21:00頃帰宅。

今日も皆様お疲れ様でした~!!
[PR]
by rtakaan | 2006-10-29 22:56 | クライミング(遠征)