8年前から始めたクライミングについてツラツラと・・。自分のムーヴ帳でもあるので、onsightな人は見ないでね。


by rtakaan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

1月25日 マーチン君購入!!

仕事が一段落…なので、今日は昼から午後半休して、ギターを探しに。
(最近全然ギター弾いてないのにねぇ~。何かに背中を押されている~)

やはり数が多いであろう大阪に出る。
中井楽器、三木楽器と渡り歩き…。

やっぱり前弾いたMARTIN D-28 Marquisを買おう!と思いながら行ってたんやけど…。
やはり目の前に見ると迷う。
またまた実際に弾かせてもらう。

まずD-28 Marquis やはりいい!!
「これにしちゃおうかなぁ~」と思いつつ、「やっぱり他のももう一回聞いてみて考えよう!」
ってことで、超有名(?)なD-45を試しに弾かせてもらう。もちろん予算からは大きくはみだし、買えない値段。
むむむっ!!この音いいぞ~!!!(当たり前やけど。)
俺が今回のギター購入で目指していた音はこの音やんけ!

店員さんの説明(結構うろ覚えやけど…)…
D-18はサイド・バックがマホガニー、D-28はローズウッド。
GE(ゴールデン・エラ)、Marquis(マーキス)は戦前の復刻版。(ウィンテージ仕様?)
ブレーシングが違う。
音が大きく、ボディ全体で音を出す感じ。(確かにめちゃ音デカイ)
昔は太い弦を張っていたため、TOPが浮いてくることが多かったらしい。
そのため、廃版になってしまった。が、最近のアコギはライトゲージとか細い弦を使うことが多いため、リスクが軽減され、復活したのだとか。
一方戦後の現在のスタンダードなものは70年代(?)くらいから言われている、いわゆる”鈴鳴り”サウンド。(低音があまり飛び出さず、全体のバランスがよく高音が綺麗に鳴る??)
D-45はまさにこの”鈴鳴り”サウンド。(定価は3桁万円。無理…)
その廉価版がD-41。
材料のグレードがD-45に比べ、ワンランクダウンされたものらしい。(材質は同じ)
D-42はヴィンテージ仕様になってる?って言われてたような…。

試奏しているうちに、自分が欲しい音はD-28 Marquis等のような大きな音ではなく、鈴鳴り音なんや~と気づき始め、D-28 Marquisは切り離し!(40%値引きされてるってのは魅力やけど…。)
で、D-41も試しに弾いてみる…いい音や~!
これとD-45の中古を弾き比べ…ん…??
D-41の方がええ音してるぞ??(弦の新旧はあるかもやけど。)

それからは他にもOMやら色々試奏して…
決めた!!!D-41!!

高い買い物やったけど、納得して買うことが出来たので良かったと思う。
(もっと時間があったら東京の正規輸入代理店とかに行ったら良かったのかも…やけど、そこまで時間掛ける気はないし…)
これからはちょっとはマジメに練習して、人前で恥ずかしくない様にならんとな~!
[PR]
by rtakaan | 2007-01-25 22:00 | 日常